これだけでOK哺乳瓶の消毒方法3選【メリット・デメリット】

これだけでOK哺乳瓶の消毒方法3選 【メリット・デメリット】 子育て

悩み

哺乳瓶の消毒はどうしたら良いかわからない
煮沸消毒か洗浄液での消毒か?

解決すること

ベビー用品の消毒の仕方がわかります
それぞれの消毒方法のメリット・デメリットがわかるので
あなたに合ったやり方を選択できます。

 

 

こんにちはかつひとです
赤ちゃんの哺乳瓶やおしゃぶりの消毒はきちんとしたいですよね?
僕もきちんと消毒して清潔なものを口に入れて欲しかったので

出産前に調査済みです。

かつひと
かつひと

実際に経験していることをふまえて
どの消毒方法がいいのかお伝えします!

早速ですけど

結論

これから紹介する3つの消毒方法なら何でもOK

 

 

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒の仕方3選

 

哺乳瓶の消毒の仕方は3つあります

3つの消毒方法1、煮沸消毒

2、ミルトンなどの消毒液での消毒

3、電子レンジでの消毒

この3つです。

煮沸消毒

これこそ哺乳瓶の消毒の王道ですね、

一度、哺乳瓶をきちんと洗ってから

大きめの深い鍋に哺乳瓶とそれに付随するパーツを入れていきます。
もちろんおしゃぶりなんかもいれてOKです、
後は沸騰させて除菌します。

哺乳瓶の素材にもよりますが
沸騰させてからの時間は7分から10分以内です
おしゃぶりやそのほかのパーツ、小物は3分程度でやめます

煮沸が終わったら
絶対に手で触るのはやめましょう

かつひと
かつひと

熱いのと、せっかく除菌したのに手についたばい菌が
哺乳瓶に付着します。

トレイを用意してそこにキレイな布やキッチンペーパーを敷きつめておきます
トングで哺乳瓶をつかみ、そのトレイに入れて終わりです。

鍋やトング、トレイなどは必ず新しく購入してください
鍋はすでにあるものを再利用するのは絶対にやめましょう
鍋についている油や雑菌が哺乳瓶に移る場合があります

 

ミルトンなどの消毒液での消毒

 

かつひと
かつひと

一番らくにできる消毒方法ですね。

煮沸消毒の時と同じく
まずはきちんと洗ってから洗浄液に漬け込みます
この時気泡などができないように空気を抜きながら入れます

消毒の目安は1時間程度です。
消毒が終わったら清潔なトングで引き揚げます

 

電子レンジでの消毒

 

これもお手軽な消毒方法です
他とおなじようにまずはきちんと洗ってから

専用の容器に入れて
時間とワット数をセットしてチンするだけ!

高温の水蒸気で消毒するタイプで
一番時間がかからない方法です

哺乳瓶によっては電子レンジに非対応のものがありますので
メーカーでの確認をお願いします。

 

 

それぞれの消毒方法のメリットデメリット

 

煮沸消毒のメリット

まんべんなく消毒できる

深い鍋に入れて全体を熱湯で消毒する方法、昔からある方法ですが
僕はこれが一番信用できます。

なんか除菌された気分になりますね!

コスパがいい

なにより水と電気、ガスがあれば消毒できるのでおススメです

かつひと
かつひと

僕はIHで沸騰させていました、
ガスは結構高いんですよねー、

煮沸消毒のデメリット

消毒をするということにおいてはデメリットは感じられませんが
火を使ったり、熱湯になるので取扱いに注意しなければいけないことですかね!

特に、元気のいい子供がいる家庭は走り回ったりなんかして
鍋をひっくり返したら大変です。

ミルトンなどの消毒液での消毒のメリット

まんべんなく消毒できる

これも煮沸消毒と同じく、漬け込むので消毒された感はありますよね

合間の時間で家事などもできる
漬け込む時間によりますが
おおよそ1時間程度は漬け込むのでその間に休んだり
別の家事をしながらと、効率よく家事ができます。

ミルトンは24時間消毒できる

商品名特定しちゃってますが
ミルトンは一度消毒液を用意したら
24時間は使いまわせるので、忙しいママ、パパにはおススメです。

特に新生児はミルクが2時間おきに必要だったりしますので
どんどん消毒しないといけません

ミルトンなどの消毒液での消毒のデメリット

こちらも消毒についてはデメリットを感じません

少しコストはかかる

ミルトンなどの専用容器、洗浄液や錠剤にお金が発生しますので
コストがかかるという点ではデメリットかもしれません

ただ、その分安心もできるので
安心をお金で買うと考えたほうがいいと思います。

かつひと
かつひと

また、定期的に専用の洗浄液や錠剤の購入が必要なので
手間がかかる場合があります。

電子レンジでの消毒のメリット

消毒がすぐ終わる

わずか数分のうちに消毒が完了します
パパっと済ませたい方はこれでOK

電子レンジでの消毒のデメリット

こちらも消毒についてはデメリットを感じませんが
水蒸気の熱で消毒するので、
煮沸や消毒液の方がきちんと消毒している感があるかもしれません

ただ、きちんと商品として世の中に出ていますので
そこは安心していいと思います。

まとめ

僕の家では消毒は電子レンジでしていましたが
途中で煮沸消毒に変えました

理由は電子レンジ専用の容器だと哺乳瓶の入る本数が3本か4本だったと思います。
当時5本くらいをローテーションしていて一気に消毒できないのと、
電子レンジの音に敏感な子供が起きてしまうので

煮沸消毒に切り替えました。

家庭や赤ちゃんによって合う合わないがあると思いますので
それぞれの特性を理解して購入してください。

一番は赤ちゃんのためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました