車の値引き交渉でやってはいけない交渉3選(正しい交渉術教えます)

車の値引き交渉でやってはいけない交渉3選 車の知識

悩み・解決したいこと
・車の値引きを引き出したい
・交渉をしたけどいまいち値引きができていない

記事を読んで解決すること

・値引き交渉でやってはいけないことが分かる
・正しい交渉のコツがわかる

こんにちはかつひとです。
今回は交渉術の裏側をお伝えします。

値引きをするときにこんなことしていませんか?
それNGですよ!
みたいなところをクローズアップしていきます。

解説していきます。

スポンサーリンク

⓵やってはいけない交渉術

 

第3位 明らかに、出来ない額の値引き交渉

 

交渉

 

これはまあ当然と言えば当然ですけど、値引きにも限界があります
もうこれは相場観を知っている方は大体わかるのですが
「値引きは○○万~が普通でしょ」みたいな人がたまにいます。

 

最近は過度な値引きをしなくなっていますが
「お前が勝手に値引き額決めるなよ」って言いたくなる態度の悪い人もいます

営業マンはこう考えています自分勝手なので今後のお付き合いの観点から売りたくない

営業マンも人間なのでそんな自分勝手な人にはほとんど値引きせず
帰ってもらうように仕向けますね

もし買ってもらっても、営業マンは今後の付き合いを考えながら仕事をしていますので
そんな方はこちらからお断りです。

ではどうやった値引き交渉がうまくいくのか

値引き額を引き出すポイント”最大”でどのくらい値引きできるか聞いてみる

なぜか分かりますか?
この聞き方だと、営業マンは少し控えめに伝えると思います。そこが狙いです
たとえば最大10万円の値引きができるとして、

最大でどのくらい値引きができるか聞かれて10万円と答える営業はいません
交渉をされることを前提として話すので少し余力を残すはずです

これを逆算して、営業マンが伝えてきた額に数万上乗せできると考えて交渉すればいいのです。

 

第2位 他店の値引き額を伝えるタイミングが早すぎまたは遅すぎ

車

 

見積もりを作る前から「他のメーカーさんはこれくらいしてくれたんだけど」って教えてくれる方がいます。
もちろんそれは教えてくれたほうが営業マンからすればうれしい限りです
見積書を持参してくれるもんなら飛びつきますね

営業マンはこう考えています最初から他店の値引き金額をしれてラッキー
この値引き以上すれば買ってくれるかも

だって最初から他店の値引き金額がわかるなら
それ以上の値引きをすればいいだけなのでかなりイージーですね。
他店でもまだ交渉の途中なら話は別ですが、、、

たとえば10万円まで値引きしていいと決められている車があったとして
他社競合の車が最大5万円の値引きをしていたとすると
8万円値引きすれば、買う側からすれば3万円もお得に買える思えるし

販売側からすると利益が2万円もプラスになりますよね
これでは早すぎます。

逆に話しが煮詰まっているのにもかかわらず、最後の最後に他社の値引き金額を
伝えてくる人がいます。

営業マンはこう考えています上からの決済ももらっているし交渉の余地がないな
何回も見積書を出しなおしたり、決済をもらい直したり面倒

もう契約が決まると思っていたものが振り出しに戻ったような感覚になるので
やめてほしいです。
いくら粘っても限界があります。

見積書を出すタイミング1回か2回ほど見積書を作り直したタイミングがいいかもしれませんね

ちょうど中盤か終盤に差し掛かるところですね、ここらへんで様子を見ながら営業マンにアタックします。

第1位 ネットの値引き相場を交渉の場に持ってくる

パソコン

 

最近はネットに車種ごとの値引き相場なんてものが記事に上がったりしています。
値引きはその年の売れ行きや、キャンペーンなどでいくらでも変わります、
通年で同じ水準を保つわけがないので

「ネットには○○円値引きできるって書いてあるよ」なんて交渉の場では絶対使わないでください。

営業マンはこう考えていますじゃあその値引きできるところで買ってください
何かとネットの情報を鵜呑みにする人かぁ、今後の付き合いが面倒

営業マンからしてみたら、そんなのうちには関係ない、と思っています。
その相場が、できる値引き金額を下回れば楽勝って思うし
上回っているならそれ以上は出来ないので、交渉されても時間の無駄だから

その値引き金額が提示できるお店で買ってください。
そんな風に思ってしまいます。
人間ですから。

対処法お店が用意した購入プランで値引き交渉する

じゃあネットの情報は正しくないのかと言うとそうでもないです。
ただ、お店が用意したプランや、オプション品を何十万円も追加している人は
値引き金額が高い傾向にあります。

お店が用意したプランだとオプション品や点検パックなども含まれることが多いので
利益が出ます。その分値引きで誘うので値引き金は大きくなります。

⓶まとめ

 

 

・明らかに、出来ない額の値引き交渉
・他店の値引き額を伝えるタイミングが早すぎまたは遅すぎ
・ネットの値引き相場を交渉の場に持ってくる

それぞれ交渉という観点では人対人なので
営業マンの気持ちになるといい交渉ができます。

むしろ営業マンをこの人ならここまで値引きしてあげたいって思わせたら
勝ちですね。

ぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました