仕事ができる人が毎日実践している事(ゼロ秒思考から学ぶ事)

仕事ができる人が毎日実践している事 販売・営業ノウハウ

 

会議で発言をするとき的外れな発言をしてしまう。
でも発言すること自体は大切だとわかっている
でも誰かの発言に対して、反論したり深堀りした発言が
自分の中でうまくまとまらず言葉にできない。
日常生活でもこんなことがある

こんな悩みをお持ちの方に向けた記事です。

こんにちはかつひとです。

仕事において発言をすることは自分を表現するツールです。
例えば会議では一番初めに発言することが、今後の会議やその後のプロジェクトなどで
自分を中心に会議を回せるチャンスだと考えられています。

でも私もそうだったのですが、会議などで発言を全くしない人でした。
むしろ発言をしないほうが楽で、めんどくさい事に巻き込まれないだろうと思っていました。

のらりくらりと会社で過ごしているうちにある会議のリーダーを務めることとなってしまいました。
当然、自分から発言なんてしないような人がリーダーを務められるわけなく、
会議はグダグダ、、、

なんとかそれっぽいことを発言してもうわべだけで、先のことを考えられず、
ひどいもんでした、

その時に出会ったのがゼロ秒思考という本でした。
今回、こういった悩みの方にいいたいのは私がこの本を読んで
超エリートになったとか、急に成績が上がったとかではありません。

頭の回転がマジで速くなりました、そして物事を俯瞰して見れるようになり
「あの人はこう思っているからこんな発言をしているんだ」
と仮説を立てられるようになりました。

もう結果を言いますけど何をすればいいのか、それは

「超高速でメモをとる」

これだけです。!!!!!

はっ?って思った方、その反応が正解だと思います。

メモを取るだけで頭の回転が早くなったりするわけないでしょ!
って思いますよね?普通。
ですが、実際にやってみるとこれが不思議なくらいに
物事を深く、合理的に考えられるので会議でも発言をしたくなります。

早速、高速でメモを取る方法をお伝えします。

ただ、一つお伝えすることがあります、
ゼロ秒思考という本を読んで私が自分なりにやってみたことや、感じたことのまとめなので、
本に書いてある効能という物には当てはまらないこともありました。その点は個人差がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク

仕事ができる人は超高速でメモを書く

高速でメモを書くと言っても、だいぶ抽象的ですよね?
ではいったい何を書くのかと言うと、

なんでもOKです!←それも抽象的だろなんてツッコミがありそうですが
ホントになんでもOKです。

すいませんほんとに抽象的で、ちゃんとルールがありますので解説していきます。

ルールは超簡単

ルール⓵メモ媒体は必ず紙、サイズはA4用紙
⓶箇条書きで4行以上
⓷1分以内に書き上げる

たったこれだけです。

ゼロ秒思考にももう少し細かいルールが記載してますが
基本的にこの3つを必ず守るだけでOKです。
あとは本を見ながら必要なルールを追加するのはお任せします。

ただ、私の場合、この3つのルールでかなり変わったと実感できたので
徹底したい人は一度本を読むことをお勧めします。

書き方

書き方ですが
A4の紙を横書きに書き込んでいきます。
例えば

 

このように1枚に表題を書いて、その下に箇条書きのように4行以上書いていきます

たったこれだけです。

え?みたいな顔になりますよね?
でもこれが確実に脳をフル回転させます、

でも1度やってみてください、この1枚書くのに1分ってかなりタイトです、
私がやり始めたときは

2行書くのがやっとで、しかも文脈というか言葉がちぐはぐで文章にすらなっていませんでした。
それがストレスになります。

なので書く時の気を付けるポイントがあります。

Point⓵とにかく手を止めない(ちゃんと書けているかは確認しない)
⓶できるだけ4行書いてみる(文字数は短くてもOK)

ゼロ秒思考では1行あたり20~30文字、それを4~6行書くように記載があります。
つまり最小でも4行書ける20文字80文字を1分以内に書かなければなりません

ただ、最初からそんなに書けませんでした、何なら今でも6行は書けません

ただただ、手を止めず思ったことをスラスラ書く、そんな練習をする
これを続けていきます。

 

何をメモするの?

 

では表題は何を書けばいいの?と思うところですが先ほどお伝えした通りなんでもOKです。
たとえば、

日常生活なら
・山田さんのいいところ
・明日、やる事
仕事なら
・会議で発言しやすい雰囲気を作るには何をするか
・一人だけ発言していなかったが今後はどうするか

なんでもOK

私が感じた3つの効果

 

⓵要件を伝えるときに簡潔に伝えられるようになった

⓶仮説を立てられるようになった

⓷周りからの評価が変わった

⓵要件を伝えるときに簡潔に伝えられるようになった

1か月間、毎日高速メモを書いているうちに気づいたことがあります、
いつも伝言を承った場合、紙に書くか直接伝えるようにしていたのですが
言葉は詰まるし、メモだと内容が伝わりにくく、誤解を生むことが多かったです。

ただ、高速メモを書くようになってからは言葉がスラスラ出てきます、
しかも論理的に話せるので相手も理解してくれているようです、主観なので本当にそうなのは、分かりませんが。

ただ、自分では言葉がスラスラ出てくるのでとても話しやすく、前より人とのコミュニケーションができるようになりました。

⓶仮説を立てられるようになった

このメモ書きは書けば書くほど頭の回転が早くなります。
1日に何枚でもOKです。

何枚も書いているうちに、書いたメモの次の行動を書くようになりました。
どういう事かというと、

このように箇条書きをさらに深堀りしていき、
階層を深めていきます。

そうすることで自分なりに仮説を立てられるようになりました。

⓷周りからの評価が変わった

物事をよく理解することができ、簡潔に正しく伝達できる、
仮説を立てる癖がつき、物事を俯瞰してみることができ
私の言葉が周りの人たちにとって、ただの言葉ではなく、意味のある言葉として伝わるようになりました。

そのおかげで以前よりも私の言葉に耳を傾けてくれるようになり、
会議も捗るようになりました、

そして、何より言われたのは「なんか雰囲気変わったよな」と言われることです。
別に雄弁になったとかではないですが、しゃべる時に言葉が、思考がどんどん生まれる、
そんな感じです。

まとめ

この本を読むと書くことで頭が整理される
頭の回転が早くなる
短い時間でよく考えられるようになる
つまり適切な答えが頭の中にすぐに浮かぶ

こんな感じです。私はゼロ秒思考の記述の中に毎日10枚ほどでOKと書いていたので
毎日10枚書いていました。
たったそれだけで自分が変われた気がしてとてもうれしかったです、
リンクを貼っているのでぜひ一度読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました