【HSP、繊細さん必見】生きにくいと感じなくなるたった1つの事

雑記ネタ

他人に嫌われたくない、、、から
他人の様子、気分を感じ取ってしまう、、、から
それが苦に感じている、、、から
生きにくいと感じてしまう人

こんな事を思ったり、今こんなことで悩んでいませんか?

本記事の目次

⓵HSPで悩んでいる方へ
⓶嫌われる勇気に出会う
⓷たった一つの行動「嫌われる勇気」を読みましょう
⓸得られるメリット
⓹メリットが得られた理由
⓺たった一つの行動の結果

こんにちはかつひとです。

スポンサーリンク

⓵HSPで悩んでいる方へ

 

小さい頃や学生時代には感じていなかったけど
社会人になって対人関係が苦手になった方いませんか?

しかも社会人だから気を使えるのが当たり前と思っていて
それを前面に出すと裏目に出てしまったり、
自分が思ってもみなかった反応が返ってきたりすることがありませんか?

また、他人の顔を見て、「今あの人はあんなことを考えているな!」「あ、いまは機嫌が悪い」など、他人の気持ちを感じ取るのがうまい、というより
感じ取ってしまう、見ただけであの人は今あんな気持ちだ、と勝手に判断してしまっている自分がいる、そんな自分が嫌になる、そんなことはありませんか?

この記事を読んで変われる事⓵他人に気を使わなくて済む
⓵他人の気持ちを汲み取った行動をしなくて済む
⓷自分を大切にできる

今回はHSPさん、繊細な心の持ち主の方に読んでほしいい内容となっています。

結果、何をするのか

「嫌われる勇気」を読んで
承認欲求を捨てて、他人の為に生きる をやめること事です

 

社会人になってなぜか気を使うと裏目に出てしまったり、他人のために良かれと思ってした
結果が反感を買ったりと、さんざんでした。
私が特段人より気にしすぎなところがあるのかと悩んでいました

ところが、そんな思いをされている方がたくさんいることに最近気づきました。
HSPという名前で?症状?で似たような経験をされている方がいらっしゃいました。

ただ、症状とか病気のように扱われていたので何だか嫌な気分になりましたが
私はその名前を知るより以前にある本に出会って、自分が変わってきたことに気づきました。

 

⓶嫌われる勇気に出会う

 

その本が「嫌われる勇気」という本です。
アドラー心理学という解説を本にしたものですが、その本に出会ったきっかけが
たまたまYou Tubeでみたビジネス系の動画でした。

その動画はまこなり社長という方で
有名なプログラミングスクールの会社を運営している方なのですが、その方の動画の中で
承認欲求を捨てる、分離するという解説がありました、

それを見てから、納得することや自分に当てはまることがあったので「嫌われる勇気」の本を買って見ると、

まあ自分が承認欲求の塊で他人のために生きていたことが実感できて最悪な気分でした(笑)
でも気づいたからこそ、変えられると思い、本を熟読し、行動していきました。

 

⓷たった一つの行動(嫌われる勇気を読みましょう)

 

すると不思議なことが3つ起こります。

対人関係の変化⓵今まで話しにくかった人と気軽に話せるようになる
⓶話しにくかった人から、よく話しかけられる
⓷周りの評価が以前と変わる

この3つが自分の中で変わったな!と実感できたことでした。

じゃあ何をしたのかというと

「承認欲求をすてて
他人のために生きないこと」

これたった一つです

まだ抽象的なので今回は「嫌われる勇気」を読んだうえで実践したことを
記しておきますので、ぜひ、一度自分で購入して読んでみてください
そして必ず1つでもいいので行動しましょう

むしろ「嫌われる勇気」を読んでいないと実践できないと思います、
ただ、読めば不思議と行動できるようになりました。

「嫌われる勇気」を一読したうえで再度
承認欲求の章をご覧になってください

そして
「承認欲求をすてて
他人のために生きないこと」

これを徹底するのです。

しかも読んでからは意外とすんなり行動できました。

私が「嫌われる勇気」を読んでみて一番印象深いのが
承認欲求の章でした。

それを読んだ瞬間に頭の中に今まで自分がしてきた行動が思い浮かんで
一人でむなしい気持ちになりました。

だからこそ
そのむなしい行動をやめたのです。
具体例でお話しすると、

具体例ある10分で終わる仕事をAさんに任せないといけないが、Aさんは忙しそう、自分もその仕事をこなせるスキルはあるので
Aさんに負担をかけないよう、自分で仕事をこなし、本当はAさんに任せないといけない仕事だったので念のためAさんに「このAさんの仕事はやっておいたから」と伝えた。

これ、ダメダメな点がいくつもあるのですが分かりますか?
HSPと括るのは嫌いですが、HSPに当てはまる方、似たような感覚がある方は気づきにくいです。

まず

ダメなポイント⓵「Aさんは忙しそう」と勝手な自己判断
⓶「Aさんに負担をかけないよう」と気遣う
⓷Aさんの代わりに仕事をする、自分の時間を削る

どうでしょう、思い当たる節はありませんか?

私は⓵~⓷まで当てはまる人間でした。

実はこれは「承認欲求」と「他人の為に生きる」
という選択を自らしているのですが

アドラー心理学はこれを否定しています。
私は⓵~⓷をやめて反対に、

「自分の仕事をAさんに振ってみる」

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これが「承認欲求をすてて、他人の為に生きない」という行動です。

これを徹底しました。この選択は私が本を読んだうえでの選択なので
本にはこうしろ、ああしろとは書いていません
あくまで、自分で考える、これが大事です、

もっと言えば相手が明らかに嫌がる事以外は
頼み事って意外と受け入れられます。

相手の時間を奪ってしまうのではないかとか
その頼みごとをして嫌われるのではないか

こんなことを考えてしまうと思いますが

最初は苦痛なのですが、これはメリットだらけなのです

すこし気が引けながらも適度に続けていくと明らかに自分でも気づく変化がありました

⓸得られるメリット

 

ではどのような変化なのかというと

実体験メリット⓵Aさんは頼られていると安心する、信頼関係が向上する
⓶自分の時間ができる
⓷余裕が持てて周りからの評価も変わる
⓸仕事のタスクを頼みやすくなる

これらは私の実体験のメリットですが
私と同じ感覚の人はうらやましいと感じているはずです。

なんでこんなことが起きるの?と不思議に思うと思いますが
実際に経験していて今は、他人の様子を伺うことは少なったと思います。

他人の感情を感じ取ってしまうことは多々ありますが
それでも臆せず頼みに行けます。
自然にできます。

⓹メリットが得られた理由

ではメリットが起きた理由をお伝えします。

メリットの理由⓵仕事を振ることはAさんにとっては嫌なことではない
⓶むしろ頼られているという事
⓷嫌なら、嫌といわれるだけ
⓸それで別にあなたの事が嫌いになるわけではない
⓹もし引き受けてくれたら自分の時間が作れる
⓺作れたら、他のタスクも終わって会社の評価も上がる

これらは自分の仕事を振ることの本質にあります

普通の生活を送れている人にはこんなこと普通と思うかもしれませんが
繊細な心の持ち主や、自分の気持ちをうまく表現できない人は
この本質をうまく理解できていないだけなのです。

⓺たった一つの行動の結果

 

私は「承認欲求を捨てて、他人の為に生きない」を実践してきました
先ほどは仕事を振るといいましたが
一例なので他にもあてはまります。

完全にHSPというものをなくすことは難しいのかもしれませんが
この1つの行動で確かに自分が変わったと実感できます。

私はあの時「嫌われる勇気」を読んで本当に良かったと心から思えます。

ぜひ、一度読んでみてください、
ストーリー要素が詰め込まれていますので読みやすく、集中したら1時間程度で読み終わると思います。
1時間で人生が変えられたらいいと思いませんか?

こちらからも購入できますので一度目次だけでも見てみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

嫌われる勇気

私はこれで「これから」の人生が変えられたと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました