おススメな哺乳瓶の選び方【こだわりました】

おススメな哺乳瓶の選び方【こだわりました】 子育て

悩み

出産後から必要な哺乳瓶

どんな哺乳瓶がいいの?

 

この記事を読んで解決すること

新生児におススメの哺乳瓶が見つかります

買うときの選び方、注意点が分かります。

 

結論

口(乳首)交換が出来るメーカーでプラスチック製であればOK

※ただし選び方に注意点あり。

 

いろいろ買い足したり、人の話を聞いたりして

分かったことや、実際にこうすれば良かったと

思うこともありますので

 

体験したことから学んだことを活かして

 

かつひと
かつひと

これから生まれてくる赤ちゃんのため

ママ・パパの為にお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

おススメの哺乳瓶とは?

 

哺乳瓶と言ってもたくさんあるメーカーの中で

何を選んでいいのかわからないと思います。

 

今現在、1歳6か月の娘がいますが

やはり最初は哺乳瓶を選ぶときにいろいろ考えました。

 

どんな口が飲みやすいのかとか、赤ちゃんにとってどの哺乳瓶が一番合うのか

 

そんなことを考えていましたが、

実際ミルクを飲ませてみないとわからないので考えても意味ないと結論付けました。

 

ただ、なんでもいいというわけではなくて

経験者に聞いたりしてどんな選び方をしたら良いのか

聞いてみました、そして経験して

 

この哺乳瓶が良かったと思ったり、知り合いからおススメされて買った哺乳瓶がいいと感じたこともあったのでご紹介します。

 

選び方

 

哺乳瓶を選ぶときに大事なことがいくつかあります

ただ、選び方をお伝えしてもどの記事も同じようなことを書いているので

私が経験した中からおススメのものを紹介します

 

選ぶときに大切なこと・どれくらいの量のミルクが入るか

・口だけ交換ができるか

・プラスチック製を選ぶ

・1つのメーカーで絞る

 

 

かつひと
かつひと

この4点です。

1つずつ解説します。

 

 

どれくらいの量のミルクが入るか

 

メーカによって大きさや形が異なります

その中でも特に重視してほしいのが「量」です。

 

つまり、ミルクが何㎖(ミリリットル)入るかが大事です。

 

かつひと
かつひと

なんでそんなに量が大切なのでしょうか、

 

理由は新生児はものすごい速さで成長して

飲む量も数か月で増えていくからです。

 

生後わずか1週間から2週間で1回あたり80㎖

1か月で120㎖。

2か月で160㎖、それ以降で220㎖と言われています。

※完全にミルクだけの場合です

 

つまり3か月以上たつと

1回で必要なミルクの量が220㎖前後必要となります。

 

なので、買うときに

「まだそんなに飲めないから」と小さいサイズの哺乳瓶を買うと

後々、買い足す必要が出てくる場合があります。

 

実はこれで失敗したことがあります。

一番最初に買った哺乳瓶が160㎖しか入らないやつで

 

成長していくうちに足りなくなってしまいました

 

選ぶなら

200㎖以上の哺乳瓶がおススメです。

 

口だけ交換ができるか

 

先ほど説明した量についてですが、

メーカーによっては新生児用として売っているものも多く

200㎖以上の哺乳瓶となると穴の部分が大きくて

新生児に与えると一度に口に入る量が多すぎて詰まらせる危険性がありますので

 

 

 

そこで選ぶときに見てほしいのが

口の部分(乳首)が交換できるようになっているかです。

 

ほとんどが交換出来るようになっていますが

ポイントがあります。

 

Point・200㎖以上入る哺乳瓶で

・口の部分が新生児用から1歳以上まで対応しているメーカー

 

 

かつひと
かつひと

この2点です。

 

 

要するに200㎖以上の哺乳瓶を買っても

新生児は新生児用の口でないと飲ませることは出来ないし、

成長して飲む量が増えた時にその子に合った口の大きさのものが売っているかどうかです。

 

新生児は↓↓

Amazon | ピジョン 【SSサイズ 1個入】 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 0-1ヶ月 丸穴 01135 | ベビー&マタニティ | ベビー&マタニティ 通販
ピジョン 【SSサイズ 1個入】 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 0-1ヶ月 丸穴 01135がベビー&マタニティストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

一か月頃から↓↓

Amazon | ピジョン 【Sサイズ2個入】母乳実感乳首(シリコーンゴム製)1-3ヶ月丸穴 2個 01136 | ベビー&マタニティ | ベビー&マタニティ 通販
ピジョン 【Sサイズ2個入】母乳実感乳首(シリコーンゴム製)1-3ヶ月丸穴 2個 01136がベビー&マタニティストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

かつひと
かつひと

こんな感じに選べるものをおススメします

プラスチック製を選ぶ

 

哺乳瓶は大きく分けて4タイプの哺乳瓶があります。

 

タイプ1 ガラス

2 プラスチック

3 シリコン

4 トライタン

 

それぞれ特徴があり

 

1 ガラス

 

傷が付きにくいので衛生的、臭いが付きにくく

ミルクを覚ましやすいのが特徴

ただ、重いので赤ちゃんに当たったり、もし割れたりしたら大変です。

 

2 プラスチック

とても軽くて素材の性質上、割れないので安心して飲ませられます。

軽いので持ち運びに適していますのでママさんにはおススメです

ただ、ガラスより傷は入りやすいので、消毒は入念に

 

3 シリコン

 

熱に強いと評判のシリコンですが、

シリコンのにおいがすることもあるので

個人差はありますが赤ちゃんがミルクを嫌がると聞きました。

 

4 トライタン

 

ガラスとプラスチックのハイブリットのような素材で

ガラスの透明度にプラスチックの素材感といった感じでしょうか

とても軽いのが特徴です

 

この中でもおススメなのが

プラスチックかトライタンですね

 

理由比較的安くて、何よりもお出かけで持ち運びしやすいし

洗うときも簡単に洗えます。

消毒方法もガラスと同様にできるので

一番おススメです

 

1つのメーカーで絞る

 

メーカが同じだとメリットがあります

 

メリット

・口(乳首)の交換が簡単

 

先ほど説明しましたが

成長に合わせて口を替えるか哺乳瓶自体を変える必要があります。

同じメーカーなら口だけ替えれば済むので

できるだけメーカーはバラバラにせず1つのメーカーに絞りましょう。

 

僕は知人から薦められた

ピジョンを使っています。

おそらくこれが一番有名なメーカーですよね

 

 

かつひと
かつひと

有名なメーカーだと店頭に在庫が多くあるので

緊急時にも調達が容易です

 

 

他にもビーンスタークってメーカーもあり、ここも評価は良いようです。

Amazon | ビーンスターク 哺乳びん 赤ちゃん思い 広口 トライタンボトル 240ml | 哺乳びん本体 | ベビー&マタニティ 通販
ビーンスターク 哺乳びん 赤ちゃん思い 広口 トライタンボトル 240mlが哺乳びん本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

 

哺乳瓶には種類がたくさんあり、迷ってしまいますよね

ネットにもすでにたくさんの選び方が乗っていますが

 

私の経験から、今回の記事を書きました。

もちろんガラスじゃないとダメだって人もいるでしょう

色んなメーカーの哺乳瓶をそろえていたほうがいいと言う人もいるでしょう

 

でも

プラスチックでも衛生面をクリアできるから販売していると思うんです

安くて手入れがしやすくて互換性のあるものが一番いいと思います。

 

この記事が選ぶうえで参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました