【重要】残クレの仕組みとデメリットを解説

残クレのデメリット 残クレ

「車を買いたいけど残クレってどんな仕組みなの?」

「お得に買えるとかCMしてるけどデメリットはないの?」

こんにちは かつひとです。

今回は残クレのデメリットについて解説していきます。そもそも残クレの仕組みがわかっていないとメリットもデメリットも話せないので

仕組みについて知りたい方はこちらの記事を先に読んでおいてください。

では、デメリットについて解説です

以下の3つを紹介します。

任意保険は必ず入らないと危険

下取り保証には条件がある

デメリットは回避できる理由

では解説していきます。

スポンサーリンク

任意保険は必ず入らないと危険

「さあ新車を買って納車も終わったし、気分もいいから遠出してみよう!!!!」なんてことを考えてしまうのも無理はありません、むしろどんどん出かけてその車の良さをもっと知ってほしいくらいですが

ちょっと待ってください!

ちゃんと保険に入っていますか?もちろん任意保険のことですが、その中でも車両保険のことを言っているんですよ?車両保険には2種類がありまして

  • 一般補償タイプ
  • 車対車限定タイプ

この2種類です。おおまかな違いは自損事故が補償の対象になるかどうかです、

  • 一般補償タイプ

この補償は当て逃げや盗難、車同士の事故など幅広く補償の対象になります。

  • 車対車限定タイプ

この補償は「一般補償」の中でも自分でぶつけた事故については補償の対象外になります

必ずいずれかのタイプの補償をつけてください、お勧めはもちろん「一般補償」ですが、なぜ保険のことここまで言うのかというと

均等払いでも残クレでも同じことですが、200万円で買った新車で、納車した次の日に全損などの事故を起こしたとします。その場合、車両保険に入っていなければ、自分の車の修理代は一切入ってこないからです、

つまり、負債を抱えるが車は手元にない状況とります。

割合に応じて相手から修理代など一部もらえたりもしますが200万円全額はもらえないので注意です。

200万円の負債を残してまた新車を買う気になれますか?僕はなれないので絶対に車両保険に加入します。

今は新車特約や新価特約と呼ばれる特約もあって、全損などの起こりうる事故に対応したオプションもあります。それはまた別の記事で書きたいと思います。

必ず車両保険には入りましょう。

下取り保証には条件がある

残クレには「下取り価格が保証されている」というメリットがありますが、下取りというのは一般的に、距離や年式、傷などの具合を見て判断して値段をつけるものです。

残クレはおおよその予想を立てて、「この車の残価は距離○○キロ、傷は○○万円までならこの金額で下取りできるな!」とメーカーが設定したものです。

つまり年数に応じて

  • 契約期間に応じた走行距離
  • 契約期間に応じた傷の数と程度

などが設定されています。例えは5年の残クレだと「5年間で6万キロまで走行しても良いですよ」傷なら「10万円分の傷まで補償」といった具合です。

もし、6万キロ超えてしまったらどうするの?と考えると思いますが、先ほど説明した「返却する」場合のみ1キロ当たり○○円お支払いが必要となってきます。

傷はその補償金額を超えた分のお支払いが必要になります。もし傷が多いのであれば事前に相談していただくと、返却時にどのくらい支払いが発生するのか計算できます。

さらに払えそうになければ保険を使ってきれいにしておくのも一つの手ですが、保険料は上がります。

以上デメリットでした。

デメリットは回避できる理由

ここまで読み進めた方は大体、想像がつくと思いますが。

デメリットは回避できます。

理由は簡単で、保険に入って、車を買う前に自分の通勤距離やおおまかな走行距離の予想を立てることで簡単に回避できます。

そもそも任意ではあるが、自分を守るための保険ですのでよっぽどの理由がない限り、任意保険には入る方が多いと思います。

さらにそこから、車両保険を加入すればいいだけの話です。走行距離も、「1年で何万キロも走るよ」みたいな人は、時期が来たら残価を一括返済か、分割返済も可能なので選べばいいと思います。

買う前に残価が払えるかの予想は立てられると思うので、それが無理ならまずは、中古車を買うなど、いろんな方法がありますよ。

確かに、保険料は高いし、今後は走行距離が多くなるかもしれないなど意見もあると思いますが。保険料はいつでも見直しができますし、保険会社によって保険料はかなり変わってくるので

いろんなところを検討しながら見積もりをもらえばいいと思います。走行距離が多くなるのであれば、時期が来たら買い取る選択もできるし、販売店に相談したら、

多少なり融通を聞かせてくれるところもあると聞きます。例えば走行距離が規定より2万キロ超えていたなんてこともありますので、その時は査定をして、残価より査定が上回れば、乗り換えるときは上回った分を差し引いてくれます。

なのでデメリットは回避できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました