チャイルドシートのおススメの選び方3つ【わかってないと損します】

チャイルドシートのおススメの選び方3つ【わかってないと損します】 子育て

 

かつひと
かつひと

こんにちはかつひとです。

今回はチャイルドシートの選び方についてお伝えします。
読者の悩み
チャイルドシートってたくさん種類があったり
年齢や体重で選ぶものが変わるからどれを選んでいいかわからない
この記事を読んで解決すること
チャイルドシートの選び方がわかります
おススメのチャイルドシートがわかります。

結論

チャイルドシートは3つの基準で選ぶと良い

スポンサーリンク

チャイルドシートの選び方3つ

チャイルドシートは6歳まで装着義務があるのをご存じですか?

つまり6歳までのれるチャイルドシートを買えばいいんですが

色んな種類があってたまに専門用語も出てくるのでわかりにくいですよね

なので今からチャイルドシートを買おうとしている人に

選ぶときにこれだけは確認してほしいことを教えます。

 

 

⓵子供の成長から選ぶ

チャイルドシートは子供の成長に合わせた選び方をおススメします。
まずは種類からですが
大きく分けると6種類あります

 

ベビーシート

0から12か月まで【~13キロ】
後ろ向きの装着となります
使用期間が短いですが、ベビーカーと連結できるものもあり、
寝ている赤ちゃんを抱きかかえずにベビーカーに移すことが出来るタイプもあります

チャイルドシート

1から4歳まで【~18キロ】
乳幼児期を過ぎて大きくなったら
チャイルドシートに買い替える必要があります。
4歳くらいまで利用できます

ジュニアシート

4から12歳まで【~36キロ】
シャイルドシートやベビーシートと比べるとかなり軽くて取り付けもしやすいです
12歳ごろまで利用できますが、12歳まで付けて乗っている子をあまり見たことがありません。

ベビー&チャイルドシート

0から4歳まで【~18キロ】
新生児から4歳ごろまで利用できます
座面の角度がほぼフラットに近いものもあり、新生児用のサイドパットを外して
年齢に合わせた使い方ができます。

チャイルド&ジュニアシート

1から12歳まで【~36キロ】
ベビーシートを既に買っている、貰っている方で1歳からチャイルドシートが必要な方はこちら
幅広く使えます。

ベビー&チャイルド&ジュニアシート

0から12歳まで【~36キロ】
新生児期から12歳までずっと長く使えるタイプです。
他のチャイルドシートより経済的です

まずはこの6つの中から選びましょう

 

⓶シートタイプから選ぶ

回転式

回転出来たほうが赤ちゃんを車から降ろしやすく座らせやすい
ただし、4歳までのチャイルドシートがメインになるので
ロングユースには向いていない
ジュニアシートに回転式が無いため

固定式

シートベルト取り付けかISOFIXと呼ばれる規格のチャイルドシートの2つがあります。
回転式より商品の数も多く、0から12歳まで使えるロングユースに向いている商品が多いです。

 

 

⓷車への取り付け方で選ぶ

ISOFIX取り付け


慣れれば、取り付けは簡単!
車のシート金にドッキングするだけなので簡単でシートベルトタイプより安全です。
ただし、金額が高いものが多く重量も重いです。

シートベルト取り付け

一番オーソドックスなタイプで取り付け方が少し複雑なタイプで
安いものが多く、経済的なチャイルドシートがです。

 

この選び方3つをおススメする理由

この3つを確認しておけばあなたの家庭環境に合ったチャイルドシートが見つかります。
まず、「子供の成長から選ぶ」では現在チャイルドシートを既に持っているかいないかでも買う物が変わってきます、これから初めて買う人にとっては
今後2人目が産まれたときに使えるか、なんてことも考えると思うので

長く使うのか、短く使っておさがりにするのか決めます。

そして、「シートタイプで選ぶ」では
ママ・パパの身長や車の高さによっては回転式がいいのか
固定式でいいのかが変わってきます。

かつひと
かつひと

僕自身の感想ですが
回転式はあれば便利ですが
僕は背の高い車に乗っているので今のところ

無くても不自由はしていません

ポイント回転させないと赤ちゃんを抱っこしにくいような
背の低い車は回転式があるほうが良いでしょう。

「車の取り付け方で選ぶ」
取り外すか取り外さないかで変わります。
ISOFIX対応のチャイルドシートはホントに重いので
休日は別の車に乗せ換える予定の方は
もう一つ安いチャイルドシートを買うことをお勧めします。

この3つ以外にも確認できることはたくさんありますが、
迷ったときはこの3つから選んでみましょう
そうしてこの3つを確認しておけばあなたの家庭環境に合ったチャイルドシートが見つかります。

 

3つのタイプ別おススメチャイルドシート

先ほど紹介した3つの選び方から
タイプ別でおススメのチャイルドシートをご紹介します

タイプ⓵:奥さんは軽もしくは小型車で、遠出するときは旦那さんの普通車に乗る

オススメとしてはチャイルドシートが2つあったらいいんですが
いずれ買おうと思っている、1つを乗せ換えて使うというような方は

シートタイプから選びましょう
シートベルト取り付けタイプの固定式がおススメです

ISOFIX対応型だと付け替えるのに一苦労します。
また、回転式でもいいのですが回転式だとシートベルトの取り付けが少し大変なのと
固定式に比べて本体も一回り大きいので、

遠出をする当日に付け替えているとなかなか時間をロスします。

 

 

タイプ⓶:「車の台数=チャイルドシートの台数」を買う方

車が2台あればチャイルドシートを2台必要とする方は
子供の成長から選ぶようにしましょう。
もしできるだけ安く済ませたいならベビー&チャイルド&ジュニアシート
0から12歳まで使えるタイプがおススメです

 

注意ポイント何歳から何歳まで使えるか確認しておきましょう

 

タイプ⓷:赤ちゃんの乗り降りが多く、利便性が重要

間違いなくISOFIX回転式が便利です。

だいたい、ISOFIX対応のものは回転式が多いのですが
乗り降りが多いのであれば、赤ちゃんが寝ている場合もありますので
出来るだけ起こしくないですよね?

回転式なら横向きにできるタイプがあるのでそのまま抱っこしやすいです。

注意ポイントISOFIX対応チャイルドシートは4歳までが多いのでよく見て購入してください

 

まとめ

これからチャイルドシートを買う方や
2台目が必要な方は是非この選び方を実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました