【これで解決】あなたと赤ちゃんに合うベビーカーの選び方

【これで解決】あなたと赤ちゃんに 合うベビーカーの選び方 子育て

 

これからベビーカーが必要なパパ・ママ
たくさん種類もあって金額もバラバラ、何を選んでいいかわからないですよね
そこで子育て奮闘中の私が実体験と共に

これはあったらいいなと思うものや
これは買ってよかったと思うものをお伝えします。

 

かつひと
かつひと

でもまずはどんな種類でどんな選び方があるのか

そこからお伝えしますね

 

悩み
ベビーカーの選び方がわからない
種類が多くて何がおススメなのかわからない

この記事を読んで解決すること
ベビーカーの種類とあなたのライフスタイルに合ったベビーカーがわかります。

 

スポンサーリンク

【いつから?】

そもそもベビーカーが必要な時期っていつなの?って話なんですが
大体、生後1か月から乗せることができます。

あとは4か月から7か月頃から首が座ってきて
お座りも出来るかどうかがポイントになります

ベビーカーのチェックポイント6つ

ベビーカーを選ぶうえで大事なことは

赤ちゃんの為に何を重視して選ぶのかと

あなたが普段の買い物や移動で苦にならないかを見極めなければなりません

せっかく買ったベビーカーが無駄になることもありますのでチェックポイントを作りました。

 

タイヤの大きさ

タイヤのサイズが大きいほど振動が伝わりにくく、
操作性や安定性が上がりますが、金額も上がります

 

シート素材

通気性が良く、洗濯できるか

ハイシート

高さ50cm以上の高さにシートがあるか
夏の暑さやほこりから赤ちゃんを守ってくれます

振動吸収性

シートの下とタイヤの接合部にサスペンションがありますが
いずれかにちゃんとついているか、確認が必要です

ハンドル

夫婦によっては身長差があったりしますので
ハンドルの角度調整が利くものが良いです

下カゴ

買った後に気づいたりしますが
意外と荷物を入れることが多くなりますので
収納力と入れやすさは見ておいて間違いないでしょう

 

4輪キャスター

4輪キャスターと2輪キャスターというのがあります

簡単に言うと車軸が自由に回転するかなんですが

前輪がフリーで動くほうが方向転換しやすいです、地味にありがたみを感じるので

4輪キャスターがおススメです

 

ベビーカーの選び方【種類と特徴】

ベビーカーの種類には4種類あって

A型・B型・AB型(新基準A型)・3輪タイプ

と分けられます。

A型の特徴

1か月から乗せられるようにしているので
シートがほぼフラットになるように設計されています
また、背面と対面ができるものが多く、赤ちゃんの顔を見ながら操作できます。
快適性と機能性を重視しているので重量が重いです

 

 

B型の特徴

首が座る7か月頃からの使用がおススメです。
リクライニングがA型より浅く背面式が基本となります。
また、安定性よりコンパクト性を重視していますのでA型より軽いです。

 

 

AB型(新基準A型)

最近はAB型を選ぶ人が多数ですが、
A型B型の良いところを合わせたような商品です。
背面、対面にも対応したものが多く、軽くてコンパクトです
さらにリクライニングもほとんどフラットにできます
ただし、タイヤやサスペンション(クッションのようなもの)によっては
振動が赤ちゃんに伝わりやすいです。

 

3輪タイプ

当然ですが3つのタイヤで動きます
操作性が一番よく、小回りが利きます
タイヤのサイズも大きいものが多いので安定性が抜群です。
ただし、その分重いです。

 

 

それぞれメリット・デメリットがあります

 

【それぞれのメリット・デメリット】

 

A型のメリット・デメリット

メリット・生後1か月から使えます
・背もたれを倒してフラットな状態にして寝かせられる
・対面式に対応
・機能性や安全性にすぐれている

 

デメリット・重い
・サイズが大きめ
・金額も高め

B型のメリット・デメリット

 

メリット・コンパクト
・軽くて持ち運びが楽になる
・金額は安い

 

デメリット・7か月頃からしか使えない
・背もたれの角度は浅い

AB型(新基準A型)

 

メリット・背もたれがフラットになる
・1か月から使える
・高機能タイプが多い

 

デメリット・B型に比べると重い

3輪タイプ

メリット・操作がスムーズ
・小回りが利く
・方向転換が楽
・悪路が得意
・タイヤが大きく振動が赤ちゃんに伝わりにくい
デメリット・重い
・サイズが大きい
・対面式がほとんど無い

メリットデメリットをふまえてあなたのライフスタイルで選ぶ

ベビーカーって言って押す人、つまりママ・パパがいないと意味ないですよね?
何が言いたいかというと、
あなたの生活環境によってベビーカーの選び方が変わるよ
ってことです

僕はマンションに住んでいて移動手段は主に車です
逆に移動手段はバスと電車が主です、車は持っていませんって人もいると思います
普段は家にベビーカーを置くつもりとか、普段は車にベビーカーを積みっぱなしの人もいるので
あなたに合ったベビーカーを今から見つけてください

ケース1:車に積んだま

この方はコンパクトに折りたためる事を重視して選んでください
おススメはAB型
さらに機能性、安定性、フラットを重視するなら、おススメはA型

ケース2:家に収納しておく

家に収納しておく人は家に広さにもよりますが収納場所にも気を付けておきましょう
さらに、階段を上る必要があるアパート、マンションは軽量重視のA型もしくはB型
エレベーター付きのマンションなどでもタイプが分かれます。

ケース3:移動手段がバス・電車

満員電車には入りたくないでしょうが、仕方なしに入る場合も想定すると
その場合は抱っこするか、眠っていたらそのままベビーカーごと電車などに入ると思います。その場合はコンパクトになるB型・AB型がおススメです

ケース4:徒歩が多い

公園や近くのお店だけだと路面の凸凹があると赤ちゃんも安心して寝られません
その場合は3輪タイプがおススメです
タイヤサイズも大きく、安定性と振動が少ないので3輪タイプはほとんど徒歩の人向けです

 

 

まとめ

ベビーカーにはチェックするポイントと種類があり、
お住いの環境や誰が主に操作するか、また赤ちゃんがいつから必要なのかで
選ぶものが変化します。

あなたと赤ちゃんに合ったベビーカーが見つけられますように

コメント

  1. […] 【これで解決】あなたと赤ちゃんに合うベビーカーの選び方 これからベビーカーが必要なパパ・ママ たくさん種類もあって金額もバラバラ、何を選んでいいかわからないですよね …k-ka […]

タイトルとURLをコピーしました