【知識ゼロでもOK】良い中古車の選び方

【知識ゼロでもOK】 良い中古車の選び方 車の知識

 

悩み
欲しい中古車があるけど
値段が安いものを買いたい
事故車とかには当たりたくない
でもいい程度の中古車を見つけたい。

かつひと
かつひと

こんな方に向けた記事です

読んで解決すること
知識が無くても良い中古車の見極め方がわかります。

では早速、

 

 

スポンサーリンク

⓵年式と走行距離

 

年式と走行距離が中古車の価格と程度の良さを表すポイントですね
ここらの情報は何となく聞いたことがあるかもしれませんね

 

年式が新しければ新しいほど、走行距離が短いほど消耗品などの摩耗も少ない可能性が高く
前のオーナーの乗っている期間が短いので、程度の良い中古車だと言えます

 

で、これで終わるとどこにでもあるネットの情報なので
現役で販売している経験や知識をふまえて

 

もっと良い程度の中古車の見極め方を教えます。

 

⓶見極め方

 

あくまで、良い中古車に巡り合うための見極め方なので
絶対にその見極めがあれば良いものが買えるという保証はありませんので
ご了承ください。

 

新古車と言われるような超高年式で走行距離も数千キロのような
中古車は今回の条件から外れます

 

1・写真

 

ネットで検索すると、「○○県の○○店にある○○メーカーの○○」みたいに
絞り込んで検索もできます、
その時に車の情報と一緒に出てくるのが写真です。

 

で、その時に確認してほしいことがあります

Point・写真の枚数
・色んなアングルがあるか

写真の枚数
多いほうが良い中古車に巡り合える確率が上がります。
売る側の立場から考えてみましょう

 

販売店はその車を売りたいと考えている。
程度の良い車の写真を撮る時は、程度が良いと自信があるので

良いところを見せたい、アピールしたいと考えています。なので
写真の掲載数は多くなりがちです。

 

もちろん写真の掲載数が少なくても程度の良いものはありますが
写真の掲載数が多いほうが良い中古車である傾向にあります

 

逆に少ないものは不都合なところは写さず良いところだけを写している可能性もありますので
もし気になる車の写真が少ない時は
実際に店舗に行って話を聞いてみましょう。

 

かつひと
かつひと

私はいつも写真をみてますよ!

見てるとワクワクします

 

 

色んなアングルがあるか

写真が多くてもほとんど同じ角度から撮ったような写真が多いと意味がないし
何故そんなことをするのか疑います。

 

一番いい撮り方は
全面・各パーツのアップ・内装・電装品が乗っていればOKです

 

各パーツとは例えば、車のバンパー・ドア・フェンダーと言われるような
外から見たらいろんなパーツを組み合わせて車ができているのがわかります。

車1

その一枚一枚を撮っているかです。

全部で30枚以上掲載があれば自信をもって紹介している車だと言えます

10枚くらいだと少し怪しいですね
見せたくないものがあるのかな?と考えてしまいます

 

2・他と値段を比べる

天秤

 

 

基本的に車には相場というものがあり、それをもとに販売会社が値段を決めていきます。
その値段が
安すぎたら利益にならないし、高すぎても売れなくなります
これを理解したうえでネット検索して値段を比べてください

 

この時の比べるポイントは

Point・年式と走行距離
・値段

年式と走行距離はホントに大事で、これは最重要確認ポイントなんですが、
もう一つ大事なのが値段です。

例えば同じ車種の検索をして10件の検索結果が出たとします
ほとんどが同じような年式や走行距離、写真で見る限り傷もそんなになさそう

ナビも有ったりなかったりだが、大体の金額は同じ
なのに1台だけ明らかに他の9件より安いものが存在したとします

この一台、他より安いから欲しいですよね?
でも考えてほしいことがあります

 

なぜ他の車より安いのか

ここを考えると売る側の理由が見えてきます。
販売会社によって理由は様々でしょうけど

かつひと
かつひと

現役の私はこう考えます

現役営業マンの考え⓵事故車である
⓶いつまでも売れない車である
⇒だからずっと在庫として抱えているのでコンディションが悪くなっている

⓵事故車である
事故車というのは基本的に車としての価値が
損なわれていますので、事故以降、高値で取引はされません
だから買取価格がかなり安くなります

つまり販売価格も安くなるわけです。

一台だけ異常に安い場合は少し疑いましょう
ただ、最近は事故車は事故車として掲載されていますのできちんと確認しましょう

⓶いつまでも売れない車である

地域や店舗によって売れる車売れない車の差が出てきます、
売れないということはその期間、その車が雨風の中置きっぱなしになっているということです

ほとんどの中古屋さんは屋根なんかもないですし、走行距離が変わるので定期的な走行もしないので車のコンディションは良くはないと考えられます

ただ、納車前には整備をしてくれる場合もありますので確認しましょう

これらを踏まえたうえで値段を見て予想を立てておきましょう。

 

⓷そのほか基本的な確認事項

パソコン

 

先ほどは年式と走行距離、大事な見極め方と解説しましたが
基本として大事な確認項目がありますので
ここはさらっと見ておいてください

 

1・タイヤの残り溝

3ミリ以下で車の制動距離が伸びてきます
制動距離とはブレーキをかけて停まるまでに走行した距離の事です

2・電装品の正常作動

年式の古い中古は仕方ないですが
ナビやスピーカーが正常であるか、などです

3・車検の残り期間

車検は乗用車は初回車検が登録から3年後
以降、2年おきに車検がやってきますので、せっかく安く買ったのに車検が近くて
車検代がかかるなんて損した気分ですよね

きちんと確認しましょう、

4・傷、へこみ

中古車は現状渡しが原則です
つまり、傷が入っていることを見込んでの価格設定です
傷がある、ないを確認しておきましょう

5・ワンオーナー

中古車はワンオーナーであるほうがいいとされています
例えば
一人が5年乗った車と
5人が1年ずつ5年乗った車どっちに乗りたいですか?

1年で手放しているということは何か不都合なことがありそうじゃないですか?
しかも知らない人が5人乗っているなんて

こんな風に推測してみるのも良い中古車を見つけるポイントだと思います

 

⓸まとめ

 

良い中古車の条件・年式は高年式で走行距離が少ないほうが良い

 

良い中古車の見極め方・掲載されている写真の数が多い物を探す
・なぜ他よりも安い車があるのかを考える

これだけで良い中古車に巡り合える確率がグッと上がりますし
失敗しないです。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました