安い車ほど残クレがおススメな理由3選

アイキャッチ 残クレ

 

新車に乗りたいけどできるだけ安く済ませたい
そんなに拘りもないし、大衆車で充分
でも安い車って買取価格が低そう

こんな疑問にお答えし、解決します。

こんにちはかつひとです。

もう結果から話すと

 

大衆車やそもそも価格設定が安い車は
残価設定で買うべきです

 

はい、では解説します!

スポンサーリンク

安い車ほど残価クレジットで買う

 

 

まず安い車ってどんな車なのかって話しですが、
例えばスズキのアルト
ダイハツのミライース、トヨタのカローラなどなど

本体価格がかなり安い車の事です。

で、その車を買おうとしているなら残価設定クレジットで買うべきっていう話しです
なぜ残価設定クレジットなのか?

理由1 安い車は安く買い取られる

車

 

昔からそうですが、安い車は安く買えても売る時も安い、これは常識です
単純な話で、相場価格が低いのと売る側としては新車で安かったのに
中古車で普通に利益をのせて販売していたら、買ってくれる人がいないからです。

別の記事でも紹介していますが、例えば200万円の車を3年後に売ると相場は50%の100万円です。

 

じゃあ原理は同じで、100万円の車を3年後に50万円で売れたとしても、売る側は50万円に利益を乗せないと商売になりません、
例えば20万円の利益を乗せないと商売が成り立たないお店であれば50万円で買い取った車を

 

70万円で売ることになりますよね?
じゃあ、この3年経った車に70万円出して買いたいですか?って話になります。

 

なので普通はもっと低い買取金額を提示するはずです
30万円で下取りして50万円で売る、これくらいが相場ですかね!

 

残価設定クレジットなら
大体の車なら3年で50%保証はどこでもやっているので早期に売る予定があるなら
残価設定クレジットで間違いないです

 

最初から下取り価格が決められていて、下取り価格が高い場合が多いです。

 

しかも残価保証制度があるので、走行距離が守られていれば、
例え相場がかなり下落していても、設定した残価で買取ができます。

理由2 返却制度も利用できる

返却

 

3年や5年後に7年後に返却できる制度はご存じですか?
残価設定クレジットは

Point⓵乗りかえる
⓶返却する
⓷残価を買い取る

この3つの制度から成り立ちます。
あまりないですが、返却という選択もできます。

 

たとえば高齢で3年後には免許を返納すると決めていて
最後の新車に乗るとしたら

 

3年経って返却することもできます、先ほどの走行距離などが守られていた場合ですが。

一度残価を買い取って、買取センターで売ることも可能ですが、

Point⓵事前に査定しにいかないといけない、
⓶販売会社と買取センターの2つで手続きしないといけない
⓷残価を買い取るお金が用意できるかわからない

これだけ考えたりすることが増えるので、
めんどくさいと考える方は返却してしまうのも1つの手ですね。

理由3 残価キャンペーンで値引きアップ

お金

 

これも別記事で紹介してますが
いまは現金よりも残価で買うほうが値引き金額に反映しやすいので
せっかくなら安く買いましょう、残価は本体価格の○○%なので、
いくら値引きしても残価には反映しません。

 

たとえば3年契約で残価設定クレジットを組むとする
残価率は3年50%
今回は諸費用などは省きます

 

本体価格100万円の車で値引きが10万円だと90万円で車の購入ができますが
本体価格に50%かけて50万円、
最初に払う金額は40万円になります。

なのでいくら値引きしても残価は変わらず、なら値引きが多いほうがいいですよね?

 

残クレで金利が発生しても問題ない理由

 

ここまで残価設定クレジットで安い車を買うほうがいいと解説してきましたが
気になるのは金利ですよね?

 

でも問題ありません
金利が0になることはありませんが、その分値引きが増えるのと、安い車ほどかかる金利が少なくて済みます。

 

ただ、そもそも金利が高いところもあるので、金利は確認してみてください
そして、金利と値引きの差を比べてみることをお勧めします。

 

また、私みたいに車代を一括で払えない方や月々の分割で経費で落としたい方などは、毎月の支払いがフルローンより
安くなるのでおススメです。

 

ですが、今は月々の分割をしない、2回払いなんていう商品もあるので、これもまた別の記事にしていきたいと思います。

ではまた、

コメント

タイトルとURLをコピーしました