安さだけで契約すると損をする!カーリースのデメリット5つ

車の知識

カーリースって最近よく聞くけど月々コミコミで乗れるなんてホントにメリットばっかりなの?
デメリットも知っておきたい!

 

こんにちはかつひとです。
こんな疑問を持っている人、
カーリースを検討している方に向けた記事です

本記事の目次

カーリースとは?
カーリースのデメリット5つ(それぞれ対策あり)

 

スポンサーリンク

⓵カーリースとは?

 

文字通り車のリース契約ですが、
この商品ができた背景として、近年の車の価格上昇サブスクリプションという選択
この関係性が大きいと考えられます。

10年前までは軽自動車なら新車でコミコミ150万円くらいで買えていましたが、
今は本体価格が150万円以上が普通の時代です、

それだけ、車の材料費や輸入代、システム、人件費などさまざまな費用が上乗せされています。

さらに月々定額のサブスクリプションという言葉も浸透し、車を買うのではなくで、
借りる時代になりつつあります。

ではカーリースの特徴をお伝えします。

カーリースの特徴

特徴⓵購入の初期費用や日々のメンテナンス費用がローンで組まれる
⓶残価設定の毎月定額で新車に乗る
⓷契約期間が3年から選べる

 

 

⓵購入の初期費用や日々のメンテナンス費用がローンで組まれる
車を買うときは初期費用として払う諸費用や税金などがありますが、さらに日々の点検や車検代なんかもリース契約として毎月の支払いに組み込まれます。

 

⓶残価設定の毎月定額で新車に乗る

さらに残価設定という方法で、購入時に下取り価格を差し引いて残りの金額でローンを組むので毎月定額です、ローンの中には先ほど説明したメンテナンス費用や諸費用などが含まれます。

 

⓷契約期間が3年から選べる

どこのリース会社もだいたい3年から7年くらいの設定でリース契約をしています。
契約満了後は返却か、オプションで買い取ることもできます

 

こんな感じに毎月定額で契約期間中は税金のことなど、故障費用まで何も考えなくていいところがカーリースの特徴です。
ではそんなカーリースですが意外な落とし穴もありますので気を付けてください、
よく、デメリットとして記事に挙げられていますが、

 

よくよく考えれば当然の事だったりもするので、よく読んでおきましょう。

 

 

⓶カーリースのデメリット

 

ではカーリースのデメリットについてですが
以下の5つをご紹介します。

 

デメリット5つ⓵残価設定が適正価格ではない場合がある
⓶リース満了時に支払いが待っている
⓷走行距離に制限がある
⓸原状回復が求められる
⓹途中で解約すると違約金が発生する

 

 

⓵残価設定が適正価格ではない場合がある

まず、残価設定という言葉がわからない方のために簡単に説明しておきます。

残価設定とは車両購入時に設定する、将来の下取り相場価格のこと
具体的には、「100万円の車があるとしたら3年後下取りできる金額は50万円です」といったように、この将来下取りできるであろう50万円を据え置いて、残りの50万円を支払う方法です。

ではその残価設定が適切ではないということはどういう事か、

車には相場価格というものがあって
一部、人気車種には該当しないこともありますが、ほとんどの場合、中古車のサイトなどの値付けや販売店の中古車の値付けは相場をもとに価格設定されています。

例えば、先ほどの100万円の車を例にすると
「100万円で買った車を3年で手放したときの下取り価格は約50万円くらいです」
「5年経ったので手放したら30万でした」といった具合に

おおよそですが決まっています。

カーリースのような販売会社は3年後、5年後の下取り価格が大体見えています、ただ、すべてのカーリースが!と、まではいきませんが、適正価格でないと月々が高くなったり、残価設定が高すぎて
⓶リース満了時に支払いが待っている で記述するデメリットにつながります。
ではその流れで説明して行きます。

⓶リース満了時に支払いが待っている

先ほどの残価設定ですが、カーリースの特徴ともいえる
「契約満了時に下取り査定額が残価設定に届かない場合は追徴金が発生する」
この仕組みがあります。

例えば先ほどの100万円の車をまた例にすると

先ほどは3年後の残価設定価格は50万円でした
今回は適正価格を50万円として、カーリースの契約時に残価設定は60万円といわれたとします。
この場合、残価が60万円なので差額の40万円を月々の支払いにすることができるので
毎月の支払いは安くなります。
※実際にはメンテナンス代、税金などの諸費用が別途含まれます

では、月々の支払いを終えて、リース満期が来た時にその車にどれくらいの価値があるかを計算します。ここでもし、40万円しか査定額が出ない場合

当初設定した残価の60万円との差額は20万円、この20万円を支払わなくてはいけません、

このように残価設定が適正でないと契約満了時に想定外の出費が発生する事があります。

トラブルを避けるためにただし、ここの価格は販売店の方とよく話し合ったりして、または中古車の価格を調べて、相場を知ることもトラブルを避ける方法です、

⓸走行距離に制限がある

カーリースには先ほど説明した相場価格が重要です、
たとえ人気車種であっても100万円の車で3年後の下取り時に走行距離15万キロの車を50万円で買いたいでしょうか?

私は人気車種であっても買いたくないですね、プレミアがつくような車種は別として、、、

ということで走行距離に制限があります、これも各社に違いがありますが大体、1年で1万キロとかが多いですね。通勤距離が長いとか個人の車を営業車で使う方は避けたほうがいいでしょう。

走行距離を規定より多く走ることに罰はありませんが、過走行分の追加料金を取られてしまいます。

トラブルを避けるために明らかに走行距離が伸びそうとか5年契約をしたが、2年後から通勤距離が延びてしまうなと、将来の走行距離が増えるとわかるならそもそもカーリースをしない、という選択が自分でできますのできちんと考えておきましょう

⓸原状回復が求められる

結局、カーリースとは買うのではなくて、借りることなので返すときには、ある程度きれいにしておかなければなりません。どの程度なのかは各社のホームページに記載していますが、傷やへこみは必ず原状回復をお願いされます。

原状回復費用はもちろん契約者負担になります、さらに板金やドア交換,事故歴のつく修理は査定時に減点されますので、その分残価設定価格に満たない場合は追徴金が発生します。

トラブルを避けるために傷やへこみは1cm未満の傷は減点カウントされない場合がありますので、修理して返却するのか、返却時に減点されて請求される、どちらがお得か返却前に聞いておきましょう。

⓹途中で解約すると違約金が発生する

カーリースは契約期間中に解約をすると違約金が発生します。
通常、銀行やディーラーのローンではローンの期間中に残債を一括で支払い終わることができるため、支払い途中でもローンをやめることができます。

対してカーリースは契約期間の残り金額はもちろん、違約金としてお金を払わないといけなくなります。

トラブルを避けるためにそもそも契約不履行ですので、1年で解約したらいくらかかるか、それが払えるのか計算することが大事です。
また、全損事故を起こしたら強制解約になりますので、車両保険にきちんと入っておくことで、全額ではないですが違約金分を補填できます。

 

いかがでしょうか?以上がカーリースのデメリットになりますが、何も知らないでカーリースに飛び込むより、事前に知っておくことがポイントだと思います。

コメント

  1. […] 安さだけで契約すると損をする!カーリースのデメリット5つ […]

タイトルとURLをコピーしました